見積もりで確認

のぼりを購入する際、近くに実店舗があるのでしたらそちらに相談されるのが確実ですね。

しかし、もしそういったお店が近くにない時は、インターネットのお店が便利です。

今はインターネット販売している店が増え、既製品も特注品もあらゆる種類を扱い、見積もり金額が簡単に分かるようにしているなど、利用者にとっては便利なしくみになっています。

お店のホームページを見てみると、その店で制作するのぼりの種類や特色が掲示されていますので、単価も含めて送料、納期、製作ロットなどを確認してから見積もりをしてもらいましょう。

大抵見積もりフォームや注文フォームなどがありますので、それに則ってサイズ、色数は1色から4色、フルカラーなど印象を画面で確認しながら選択します。

生地は、一般的にはテトロンポンジというポリエステル製の、軽く風になびくように作られているものが一番多いようです。

他に、テトロントロピカルというポンジの2倍ほどの厚さのものもあり、これら2種が主流となっているようですので、用途によって選択します。

次に補強カットや袋縫いにするのか、防炎にするのかというオプションの選択や、枚数、希望納期、そしてデザインデータをどうするのかを決めます。

イラストレーターデータなのか、フォトショップやワード・エクセルデータなのか手書きなのか、既成文字を使うのか、イラストやロゴ文字を使うのか、金額も変わってきます。

また、それぞれの注意点もありますので理解した上で選択し、分からないことや疑問点などは別記事項に記入したり電話やメールでで問い合せたりして、しっかり見積もりを出してもらいましょう。

Comments are closed.