様々な場所にあるのぼり

のぼりと聞くと、テレビや映画などで見る戦国時代の旗印が描かれた武将率いる合戦でのシーンが思い浮かぶのですが、よく考えてみると現在の私たちの生活圏においても様々なのぼりが使われているのです。

そもそものぼりというものはそれがあるだけで目立ち、そこに何がある(いる)かが一目瞭然で分かるという働きを持っております。

戦国時代で言うならば合戦中に敵と味方を一目で区別することができるといった具合であり、現代社会においては多種多様ののぼりがありますので、誰もが目にされていることと思われます。

例えば商店街では色とりどり賑やかに販売品目や大売り出しなどの文字が踊っているのぼりが立てられています。

コンビニやスーパー、飲食店前にも販売促進用ののぼりが並んでいます。

マンションやアパートの前にある入居者募集ののぼりなど、宣伝広告のために使われているのぼりが町の中にあふれていますね。

その他に、興業のぼりと言われる大相撲の力士名の入ったものや、劇場・寄席などで出し物や出演者名の入ったもの。

神社で奉納や○○稲荷などが入ったのぼり、高校駅伝などの沿道に高校名の入ったのぼりを見たこともあるでしょう。

このように多種多様なのぼりは、格安で作れるのぼり印刷ドットコム等ののぼり制作業者に依頼すれば、簡単に作ることができます。

また、定番の文言ののぼりでも、色やフォント違いでバラエティに富んだのぼりが揃っているようです。

季節限定で言うならば、こいのぼり・武者のぼり・名前旗と言われているものものぼりの一種で、他ののぼりと違うのは一般家庭にあってお祝いの意味を込めたものであるということでしょう。

Comments are closed.